ちゃまぱぱ.com

仙台に住む2児の父のブログ。ベガルタとか、ジョギングとか、卓球とか。

【ベガルタ】鳥栖戦振り返り&今日は神戸戦

今日はJ1第3節、ベガルタ仙台はホームにヴィッセル神戸を迎えて戦います。今回は、ルヴァンカップサガン鳥栖戦を振り返りつつ、神戸戦の展望をしてみたいと思います。

鳥栖戦振り返り

ルヴァンカップ・グループステージ第1節、サガン鳥栖戦は、守備的に戦ったリーグ戦の浦和戦や横浜FM戦と違って、ベガルタが本来やりたかったサッカーが十分に出た試合となったのではないでしょうか。

鳥栖の選手は、横浜FMほど激しくボールを奪いに来なかったような印象があり、ベガルタの選手も、相手との距離感や味方との距離感が良く、簡単にボールを奪われませんでした。

ターンオーバーとなり、今シーズン初出場・初先発の選手や、中にはプロで初めての試合という選手もいましたが、みな落ち着いてプレーできていたように見えました。

中でも、ルーキーのDF照山は、スピードのあるFWジャーメインへのロングパスを何度か成功させていましたし、守備面でも危険な場面をほとんど作っておらず、最高のデビュー戦となったのではないかと思います。

FWジャーメインは、最初のPKを失敗しましたが、その後はよく気持ちを切り換えてすばらしい先制のゴールを決めていましたし、2回目のPKはきっちり決め、2ゴールの大活躍でした。

MF吉尾はゴールこそなかったものの、チームのファーストシュートを放ったり、ショートカウンターコーナーキックなど、ベガルタの攻撃を引っ張る活躍を見せてくれました。

チームの3点目となったFW阿部のゴールは、相手キーパーの動きをよく見て決めたナイスゴール。追い上げられた直後に突き放す形となり、また、自らの交代直前、最後に大仕事をしたということで、タイミング的にもとても良かったと思います。

スコアは3‐1、シュート数を見ても鳥栖の倍の14本と、仙台が鳥栖を圧倒したゲームだったと言えるでしょう。

神戸戦~ジャイアントキリング

で、今日の神戸戦ですが、この時期にこのカードというのは3年連続になります。震災で大きなダメージを受けたホームタウンを持つクラブ同士の対戦です。

神戸は主にヨーロッパから積極的な補強を行い、高額年俸のスターを揃えたビッグクラブといった観があり、この記事においても、ビッグクラブの神戸を相手にプロヴィンチャの仙台がジャイアントキリングを狙うといったまとめ方がされています。

www.nikkansports.com

でも、あえて言いますが、神戸って本当にビッグクラブなんですか?そこまでの実績がありますか?

確かに、イニエスタ、ビジャ、ポドルスキなど実力のあるメンバーを揃えてはいます。しかし、昨シーズンは神戸が10位、仙台が11位で、勝ち点は同じ45。ほとんど差はありませんでした。その後の補強で差がついたのでは?とも見られがちですが、名前や年俸で勝負が決まるものではないわけですから、ベガルタの選手たちには、そんなことを気にせずに戦ってほしいものです。

最初から守ってカウンター、ではなく、攻め合いとなることを期待したいです。その上で、仙台が相手の攻撃を抑えて勝つのを願ってます。

シマオ・マテがイニエスタに仕事をさせなかった、とか、
DFラインが連携してポドルスキやビジャにまともにシュートを打たせなかった、とか、
長沢がダンクレーとの空中戦に勝つ、ジャーメインがスピードで相手DF陣を翻弄するなどというような展開になればと思います。