ちゃまぱぱ.com

仙台に住む2児の父のブログ。ベガルタとか、ジョギングとか、卓球とか。

新ユニで鳥栖に快勝!

セレッソ戦は、現地参戦したものの、個人的な理由により充分に楽しむことができず仕舞いでした。

リーグ戦で3月未勝利に終わったのは、5年ぶり。あの時はクラブ創立20周年と言ってた時。ベガルタはアニバーサリーイヤーだと苦戦するのか?

しかーし!その時は渡邉監督がチームを立て直して降格を回避したわけで、今年だってやってくれるさと思ってました。だって同い年だもん(関係ないか)。

新しいユニフォームを買った

さて、代表戦ウィークの間に今年のユニフォームをカーサベガルタで注文しました。

なんと、支払いは全額dポイント!

背番号加工の期間がかかったのでセレッソ戦には間に合わず、今回の鳥栖戦でのお披露目となりました。

f:id:chama_papa:20190409054027j:image

息子とお揃いの7番です♪(ネームは違うけど)

新ユニデビュー戦は完封勝利!

そして、ベガルタ今季リーグ戦初勝利を3ー0の完封で飾ってくれました!

いや~、あれだけ攻撃してチャンスをつくってくれると、観ている方も楽しくなるし、それがゴールにつながると、もう最高ですね!

今までは「恥ずかしい(/-\*)」とか言って自ら応援しなかった息子も、今回は珍しく自分から応援。さすが、もうすぐ小学生(笑)。成長しましたね。

今シーズンはずっと3-4-3でやって来て、なかなかリーグ戦で結果が出なかったところ、鳥栖戦は3-5-2で臨んで快勝しました。これからも、相手や自分たちの状況に応じて3-4-3と3-5-2を上手く使い分けてくれるといいのかなという気がします。

もう明日は次の試合がやってきます。ルヴァンカップ柏戦。

職場からユアスタに駆けつけて応援したいと思います。

今日はセレッソ戦

年度末の慌ただしさから、しばらくの間ブログの更新が途絶えておりました。

昨日でこれまでの職場に別れを告げ、来週からは、出向の形で新たな職場へと向かいます。

サッカー選手で言えば、期限付き移籍のような形になりますね。次の職場でも新たな発見と成長ができればと思います。

さて、この異動のはざまとなった週末。今日は2週間ぶりにベガルタ仙台のリーグ戦。相手はセレッソ大阪です。

セレッソと言えば、奥埜選手の移籍先。奥埜はピンクのユニフォームを身に纏ってユアスタのピッチに立つでしょうか?

ベガルタでは、若手選手の抜擢もあるような、ないような…?

sp.kahoku.co.jp

hochi.news

個人的に期待している吉尾がやっとリーグ戦初先発でしょうか?

そして、まだ公式戦出場がない田中。もし出場すれば、どのようなプレーを見せてくれるでしょうか?

カップ戦2試合に出場し、勝利に貢献している照山にも期待したいです。

TリーグとJリーグのハシゴ

17日はTリーグ・ファイナルとJ1リーグ第4節・湘南vs仙台が行われ、どちらもテレビ観戦しました。自分の好きな卓球とベガルタの両方が楽しめた一日、BSテレ東DAZNに感謝です。

木下M東京の層の厚さ

まずはTリーグ。ファイナルを戦ったのは木下マイスター東京と岡山リベッツ。

1番のダブルスは上田と森薗の岡山ペアが、2‐1で勝利。このペア、リーグでの勝率83%で、東京戦では全勝なんですね。岡山としては、まずはダブルスを取ってというところだったので、上々のスタートだったでしょう。

2番のシングルスは候英超(ホウ・エイチョウ)vs吉村和弘。カットの回転量が半端ない。吉村も結構粘ったものの、3‐1で候の勝ち。終わってみれば、この2番を落としたのが岡山にとっては痛かったのではないかと思います。

東京は3番が水谷、4番が張本。全日本選手権の優勝経験者で、先日のジャパントップ12の決勝を戦った2人が揃っているわけで、東京の層の厚さが感じられます。結局、この2人が揃って勝ち、東京がTリーグ男子の初代王者となりました。

ベガルタはリーグ3連敗

Tリーグを観た後は、Jリーグ。

ベガルタは湘南に1-2で敗れ、リーグ戦3連敗となってしまいました。

ルヴァンカップでは連勝しているのですが、なかなかその勢いをリーグ戦では発揮できていないようです。

しかし、何もできなかったかといえば、そんなわけでもなく、後半、メンバー交代を行ってからは徐々にプレー内容が良くなっていったし、ハモンロペスも今季初ゴールを決めました。CBの永戸が前に出て行ってのクロスがゴールにつながったわけで、今季ベガルタが目指している形が出たシーンだったのではないかと思います。

リーグ戦はまだ4試合。挽回は十分可能。代表活動期間に入り、リーグは2週間の間が空くので、しっかり修正を図ってもらいたいですね。

今シーズン、ユアスタ初オーラ!

昨日のルヴァンカップFC東京戦、2-1でベガルタ仙台が勝利し、今シーズン、ユアスタで初めてオーラを歌うことが出来ました!

前半、ここまでできるんだと思えるくらい仙台が試合の主導権を握り、梁と長沢のゴールで2-0。

梁は2シーズンぶりのゴール。

長沢は仙台加入後初ゴール。

若手や今季新加入の選手も躍動しました。

鳥栖戦に続いて落ち着いたプレーを見せていたのはDF照山。今回も途中で大岩に交代したので、こういう予定だったのかと思うと、実は足をつっていたとのこと。渡邉監督の記者会見コメントを引用すると、

それは別に、代えたくて代えたのではなくて、足を攣って、穴を空けたくないので交代をしたという判断で、足を攣らずに90分間やれる体力がないというのが、現状でしょう。

ということなので、体力の強化は必要なようですが、これからも期待して見ていきたいですね。

また、MF松下は後半にこぼれ球に反応してミドルシュートを放ち、MF道渕やMF吉尾もよく走り、何度となくチャンスを作っていました。

デビューなるかと注目していた(ルヴァンカップ・高卒ルーキー田中渉のデビューはあるか? - ちゃまぱぱ.com)MF田中は、残念ながら出番が回ってきませんでした。次に期待です。

後半少しバタバタした時間帯があり、相手のコーナーキックから1失点したものの、最終的にはシュート数は相手の3倍。いい試合でした。

カップ戦は連勝しましたが、リーグ戦は未勝利。次はアウェイの湘南戦となりますが、勢いをつなげてリーグ初勝利と行きたいものです。

ちなみに

VPORTのクイズでせっかくベガルたまごが当たったのに、メールをチェックし忘れて、賞品をうけとらずに帰ってしまいました。

くやしー‼️

ルヴァンカップ・高卒ルーキー田中渉のデビューはあるか?

今夜はルヴァンカップFC東京戦。今シーズン初のユアスタでのナイトゲームです。私は仕事が終わったらユアスタに直行しようと思ってます。

前節の鳥栖戦は多くの新加入選手が出場し躍動、3‐1の解消だったのですが、その中で出場機会のなかったMF田中渉選手に今回出番は回ってくるか注目です。

headlines.yahoo.co.jp

本職はボランチの選手ですが、「前線で出番がきたら、求められるのはアシストだったりゴールだったり点に絡むところ。そこにフォーカスして臨みたい」とコメントしていることから、シャドーでの起用もあるかもしれません。

www.hochi.co.jp

キャンプでは前線の位置でもプレーし、高いパスセンスやシュートも見せていたそうです。渡邉監督も「もともと出し手(パサー)の選手だけど、ゴールを決める部分も良い。そこは良い発見だった」とコメントしており、出番が回ってきたときには、ゴールに絡むプレーを見せてくれることに期待したいですね。

また、鳥栖戦で見事なデビューを果たしたDF照山颯人選手や、リーグ・神戸戦でユアスタデビューを果たしたMF吉尾海夏選手の今節での活躍にも期待したいと思います。吉尾選手はゴールが取れると良いですね。